講演者:中鉢芳子会員

平成30年7月4日(水)西公民館で「おしっこの話」を講演させて頂きました。梅雨が明け連日暑い日が続いておりましたが、当日は若干涼しく73名の盛会でした。

西老人会では10時から10時半まで「西公民館の各クラブ」のフォークダンスクラブの催しが行われ、私たち埼玉県健康管理士会の講演はその直後からの1時間半です。この日は前半に私の「おしっこの話」、後半は重田会員の「お伝えします!野菜・果物と健康生活 夏編」の2本立てとなりました。

私にとっては地元講演でもあり講演終了後沢山の方が話し掛けて下さいました。「こんな活動しているなんて知らなかった」「とても話が聞きやすかった」「話の内容が分かりやすかった」「聞いていて面白かった」「あんた凄いね、誰もお喋りしていなかったよ。皆あんたの話に集中していたじゃないか」「今度個人的に自宅まで行きたい位だよ」などなど、お世辞半分と考えても沢山のお褒めの言葉を頂戴して大きな励みになりました。
実は来月「老人大学」で「小便の話(高橋会長の提案)」とテーマを変更して講演する予定です。またこうしたお褒めの言葉を頂けるように励みたいと考えております。
なお見学聴講した会員からは「時間を気にし過ぎていた」「時間不足を言葉にすると聞いている人達は《内容の足りない講演なのか》と不安になる」など貴重なご意見を頂き、素直に反省している次第です。

今回講演に先立ち、重田会員には多大なご尽力を頂いております。プロジェクターの設定やパワーポイント画像のアドバイス、加えて当日の写真撮影、誠に有難うございました。
また司会進行の佐藤玲子会員、いつも明るく足を運んで下さる稲田会員、遠方でも足を運び適切に反省点を指摘して下さる都留会員、皆様に感謝しています。         N